月別アーカイブ: 2007年1月

せんたん

つーわけで、先端の卒制展いってきた。取手。
展覧会にコンセプトがあって、展示物のクオリティが高くて、キチンと見せられれば場所なんて関係ないんだ、と思ってたけど、訂正。テラトオス。

会場は、メディア教育棟と附属美術館と駅前のショッピングセンターの地下一階だった。
これは先端の作品群を会場ごとにそれぞれ、

  • アトリエでの公開制作/ワーク・イン・プログレス系
  • 既存の美術館設備・制度(移動式の白い平らな壁、高い天井、照明)を踏まえた現代美術系
  • これまでのptpに見られるような街への進出&侵入を図るアートプロジェクト系

の3つに分類して展示しようぜ!というスマートかつストレートな試みかと思ったが別にそういうわけでは無いらしい。

で、作品ですが、市耒健太郎さんの『歌舞』という映像作品が良かった。
K.K.の『ワラッテイイトモ、』とかタナカツ先生の『SUNDAY』とか、スタイナ・ヴァスルカの『あ、そうですか』みたいな割とジャンクな感じの映像作品が好きなので、同じような人はおすすめ。
テクノロジーの無駄使い加減がかなり秀逸。
空間の構成や、映像そのものもかなり狙って粗くつくるなどしてあざとい感じ。

とにかく遠かった。来ていた人たちは何者なんだろう?

国立新美術館

なんか前にロゴデザインを稲葉英樹が担当すると聞いたような気がして、日本の公共施設の中の人も150度くらい変わったなと激しく驚いたんだけど、佐藤可士和デザインになってる。ていうか、初めて新しいロゴを見た。すみません。しかし、これは……。

アレは幻だったのかな……。
むかーし、稲葉氏がADをしていた+81がかなり凶悪な出来で、いつも買ってたのが懐かしい。

1月の流行ワード

先月の「もしも、自分が大竹伸朗なら……」に続く、今月の私的流行ワードは、

「機能は制度的な問題に過ぎません」

に決定。

ちょっと前の話

ちょっと前、『伊東豊雄 建築|新しいリアル』を見に行った。

改めて気がついたのは、新しいテクノロジーの登場/発展(とくにコンピュータの演算能力)によって、ようやく伊東豊雄がやりたいことができるようになったのだということ。
そして、結果辿り着きそうな地平は、荒川修作とあまり変わりない「身体とそれ以外との新しい(もしくは原初的な)インタラクション」といったところであるらしいこと。

展覧会そのものは、インスタレーション形式で進んでいったのだが、「建築の展覧会」という状況とはいささか齟齬があったし、建築というものは周辺環境をある程度含めた概念だと思うので、その点で単に形状と身体とを対峙させてインタラクションを現出させるという構成に疑問も感じた。

結局、一番面白いと思ったのは、一番最後の伊東豊雄建築設計事務所の沿革と、エッセイが展示されたコーナーだった。とくにエッセイは妙に叙情的で、それと氏が手がけて来た一連の建築物とのギャップが非常に興味深かった。

降臨

そういや、木曜日、突然トヨー先生が降臨された。
先生は学外から来たにも関わらず、正門ではなく、工事現場から現れた。
相変わらず飄々としていて、現場で待ち受ける我々をスルーして向こうへ消えていった。

その後、先生と現場を視察した。
というか、フラフラと1階と2階を歩いた。

歩いていると、先生が突然「ぺちん」と手を叩かれたので、みな「ぺちん」と手を叩いた。
よく分からないが、ここの残響はひどい。

そうやって20分ほどでその日の視察は終わった。