月別アーカイブ: 2007年9月

藤森照信

そういえば、最近、自分の中で過活動家としての藤森照信が熱くなってきた(建築も面白いと思う)。

あの、余りある知識と見識を凄まじい勢いで無駄遣いしているような感じが良い。また、周辺の人物とその無駄遣いを高め合うような切磋琢磨している感じがしてさらに良い。この辺りは、藤森照信を尊敬の対象としているkdoさんと今後話し合いたいと思う。

記憶喪失

休み中の記憶があまりない。事実上のライフログとして機能しているdel.icio.usを見ても、平日よりもポスト数が少ないようだ。

どうやら、家で休んでいると体調がよくない。なんとなくだるいし、そもそもテンションが上がらない。逆に言うと、そんなにも自分の身体は図書館にいないと成立しないのかと、自らの適応力に舌を巻かずにはいられない。こんなことなら、図書館に行って仕事をしたり、作品とか作っていればよかった。来週以降は休みの日も読書するために出校したり、長期的には自宅での運気の向上をはかるために、20畳くらいの広々としたところ(ただし大学から徒歩10分以内)に引っ越そうかと思った。

気に喰わないんで、かけてみました

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1108751

さっそくあった。

そういや、発表の話が出てた。
個人的には発表は必要だとは思うが、それが身元を明らかにして行われるべきだとは思っていない。タブーに触れることを恐れないスタンスというのは、美術の世界では大にして美化されがちではあるが、いまの時代の雰囲気としては匿名でそれを公開していった方がリアルだろう。便所の落書きだって、良いものは良いだろう。(というか、作者は、社会の雰囲気を抽象化した存在としてぶっかけの対象を選んでいるだけで、特に政治的な意図とかは無いと思われる。実際ノンポリを自称していた)

あと、鳥肌実みたいなスタイルの美術家っていう方向性もアリかもしれない。(ちなみに鳥肌実もプライベートではノンポリとされている)

フォーマット

講評会で頂いたコメントは好意的なものや、感想を除いて忘れてしまう(というか封印してしまう)わたくしですが、3年くらいのときにetoさんからもらった「フォーマットをつくって当てはめようとするな。面白そうと思ったらそっちに飛びついてもいいじゃない」というコメントはいつも脳裏をよぎるな〜。ぼんやり。

ベースアンプ

どうやら、ベースの練習にはベースアンプの導入が欠かせないらしい。たしかに、グーグルでよ〜くググってみると、そのような記述が散見される。考えてもみれば、「エレキベース」とカテゴライズされる製品を買ったにも関わらず、この1週間エレキベースを通じてエレキ的な行為を全く行っていなかった。

しょうがないなと思って、グーグルで「電子工作 ベースアンプ」とググってみると、いくつか引っかかった。しかし、それと同時にベースアンプを自作するのであれば、ハナからベースを自作していれば良かったのではないか、という疑問と怒りがふつふつと心の奥底からわき上がるのを感じ、以後、電子工作とベースアンプという2つの単語を結びつけるのを止めようと固く決意した。

サウンドハウスでベースアンプを発注したのはそれから間もなくのことだ。

中沢新一で好きな本

ICCのトーク・セッションは結局、中沢新一出てて盛り上がったみたい。坂本龍一と高谷史郎がメインだから、あまりトーキングヘッズぷりは発揮されていなかったけど、あいかわらず話を聞くと(過度の情報が脳に流入して)テンションが上がる。

ところで、このごろ、7月に大学で行われた伊東豊雄と中沢新一のトークセッションの映像をコンピュータに取り込んでまとめたりしていて、それをきっかけに中沢新一の本を読み始めようかと思っている。卒制作ってたのときに雪片曲線論をほんのちょこっと読んでいたので、それをまず全編読破することからはじめようと思うが、面白いすこの本。話の幅が広い。

いままで、中沢新一というと(というか、他は途中までしか読んでないけど)、ぼくの叔父さん網野善彦が個人的には好きだったのだが、それを更新するかも。

webAGORAのBlogList

webAGORA上でBlogListへの追加希望者を募集しており、今のところ3件ほど応募いただき、いずれもブログが追加されている。最初、真っ先におおしまさんが応募してきて、うっかり高齢化が進んでしまったのだが、いまではやや改善したようだ。

ところで、 最近くどうさん(すた2の3期生)のブログと、今回新たに追加されたおおしまさん(すた2の6期生)のブログが個人的に熱いような気がするのでぜひチェキってほしい。いい感じに、ふたりの人格がにじみ出ているような気がする。

仕事の話

仕事の話を書かないと、「ブーレーズ(仮)」の情報か、余汰話ばかりになってしまって、到底社会人が書くブログとは思えないようなものになってしまう。とはいえ、やっている仕事の話を書くわけにはいかない。区切りのついたところで書ければと思っているのだが、なかなか難しい。

—-

8月末から9月頭にかけては、図書館の見学、取材、商業利用などの事務処理が多かったです(つまり、多くの方に興味を持っていただいているということです)。これはサービス業なんだッ…!といつも心に言い聞かせて、丁寧に処理にあたっているつもりですが、果たしてどうだろう。

ライフは0よ

安倍首相が辞任ということで、そのタイミングのあまりの外しっぷりは、ほとほと呆れるほか無いのだが、会見の模様を見て正直動揺した。なんというか、見てはいけないものを見てしまったという感じだ。

彼自身の脇の甘さが一因とはいえ、彼の周りに立ちこめる、とても彼一人では拭いきれない分厚い閉塞感、またさらに、その閉塞感に対してポッキリ折れてしまったこころが、なんとなく垣間見えたような気がした。すごい空虚な気分だ。

ただ、政治家としては呆れるほかない。

ブーレーズ(仮)情報

tadahi.comさんはレベッカのコピーをやりたいらしい。良いと思う。
あと、KANのコピーもやりたいらしい。良いんだけど、俺の出番なくね?