東京Z大学

そういや、こないだ展覧会の準備で東京Z大学こと、東京造形大学にも行ってきたんだった。
11月1日だけど。ブログに記すの遅。

ていうか、みんな造形大のことを東京Z大学(略してZ大)って言っているんだとずっと思っていたけど、どうやらそれは自分の周り(Z大OB含)だけらしい。11月11日現在、Googleで検索しても4件しか引っかからない。ぞしび(女子美のこと)もそうだけど、意外と使われていないのね。Z大学。

いやはや、それにしても東京Z大学である(小池先生のブログ風に)。

それで、造形大には何度か訪れているのだけど、今回、磯崎新が作ったうねうねした建物に初めて入ってみた。メディアデザイン専攻が入っているところ。
この建物は廊下の部分がオープンスペースになっており、たまびの情報デザイン芸術学棟と同じように、学生の制作場所として機能している。しかし、たまびとは違って、建物の曲線が織りなす有機性と、コンクリのソリッドな素材感、学生の制作風景や放置された材料、制作物が醸し出す混沌が絡み合って、かなり泥臭いクリエイティビティが伝わってくる。すごくいい。
ついでにアトリエにもお邪魔させてもらったんだけど、天井も高くて、全面窓で開放的(目の前が森なので、それほど明るくはない)。普段、あまり使う人もいないらしいので、わりと自由に使っている模様。うらやましい。

あと、クラブ棟が相変わらず凄まじかった。自分がこどもの頃までは東京の郊外にもああいう長屋というか、バラックみたいな建物はあったような気がする。21世紀初頭でもお目にかかれるとは。上野毛キャンパスのB棟よりも凄い。震度2で崩壊するんじゃなかろうか。あれも磯崎アトリエの設計だったら、かなりの反建築。

まだまだ話は尽きない。たまに訪れる他の大学は新鮮で良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>