吉田沙保里の作文

この作文を読んでからの衝撃というのはなかなか凄まじいもので、これまで定期的に何度も読み返しては、なぜ衝撃を受けたのか、そしてその衝撃を具体的にことばでときほぐすとすれば、どのような形容ができるのか、少ない知識と拙い知能をそれなりに駆使してさまざまな思いを巡らせてきた。しかし芳しい成果を上げることができず、とうとう音読するにいたった。

音読してみると、なにかふとしたものが得られた。「分かった」とか「納得した」といった状態になる前のもっと未分化なものといえばいいだろうか。

これからは音読もしてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>