極限芸術

鞆の浦にある鞆の津ミュージアムで開催中の「極限芸術〜死刑囚の表現〜」という展覧会に行ってきた。この展覧会は、死刑囚が獄中で手がけた絵画や書などをあつめたもので、開館1周年を記念して企画されたという。詳しい情報はミュージアムのウェブサイトであるとか、あと、非常に反響を呼んでいる展覧会なので、ニュースサイトやブログなどを参照して欲しい。

まず思ったのは、作者が死に直面しているという事実がどうしても、観る側に特殊な感情を喚起させるという点。たとえば、なにかの病気であれば、もしかしたら治る可能性があるかもしれない。だけれども、この死刑囚という存在は、制度的に死が宿命づけられている。特殊な事実が作品を特殊なコンテキストにしばりつけている感は否めない。

そういう意味で、一番グッと来たのは、刑務所の食事に出てくる味噌汁の具をチャート式に100日分まとめた絵、というかダイアグラムだった。A4ほどの用紙に、100日分の味噌汁の具が記入できるよう、定規でマスが作られており、そこに大根や白菜といった具が色鉛筆でアイコンでびっちりと記入されていく。この人はいったい何故そんなことをしているのだろう。刑務所という非日常的な空間の、とてつもなく平坦な時間をなんとか埋めていくために、毎食出される味噌汁の具に巨視的なリズムを見出すことにしたのだろうか。詳しい理由はよく分からないけれども、100日分の味噌汁の具が描きこまれたそのダイアグラムには、いつ死を突きつけられるか分からない彼らの、100日単位の生の確認作業のように思えたと同時に、そういう確認作業が必要なほど希薄な生の実感(事実上社会的には抹殺されているに近いので当たり前かもしれない)が提示されていたように感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>