愛の渦

「愛の渦」を観た。音楽とか効果音の恣意性が強いというか、観る人の感情をある方向に持って行こうとする力が強すぎるように感じられて、正直うるさかった。とはいえ、こうした部分は脚本で表現することが難しい部分でもあるので、今回の映像化にあたって監督であり原作者でもある三浦大輔さんが重視したポイントなんだと思う。意図はわからないけど。というか、舞台版も見ていないんだけど…。ともあれ、門脇麦、いい感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>